現代の食べ物の話

こんにちは。

私はエイジングケアについて思う事があります。
あまりにも小手先の事ばかりやって、ダイエットしようとか、美肌を作ろうとか、病気にならないようにしようとか、している人が多い気がする。エイジングケアとは少し違うけど妊活もそうですね。
もっと根本的なことから見直さないと本当の結果は得られないと思うんですよ。

食に関してもそうですね。
世の中で流行っている食事法や、アレを食べるといいとか、あの成分が効くとか、嘘ではないかもしれませんが、それが万人に通用するわけではないんです。
人間ひとりひとりに個体差がありので、ある人には有効な食事でも他の人には全く当てはまらない、という事も多々あります。

本来人間は自分に合った食べ物は知っていたはず。
大昔、人類はその時その場所その季節に手に入るものを食べてました。
狩りが成功すれば獣肉、川では魚、昆虫も食べたでしょう。
何も捕れなければ木の実や芋類も食べていたかもしれませんね。
まったく食べ物が手に入らない時もあったかもしれません。
それでも体は病気も虫歯もなく絶好調だったと言われています。

しかし現代は・・・。

加工技術や保存技術が進み、ありとあらゆる加工品や、本来ならすぐに食べないと腐ってしまうようなものでも、腐らせずに食べる事ができるようになりました。
そして物流も発達し、いつでもどこでも季節を問わず世界中の食材が手に入ります。
本当に便利な世の中になりました。

日本ではよほどの僻地でない限り、そこら中にスーパーマーケットやコンビニがあり、お金さえあればいつでもどこでもお腹を満たす事ができます。しかも24時間。
便利な世の中ではありますが、これほどまでに食べ物が溢れてくると、上手に選択して食ないと色々な弊害が出てきます。

人間は欲望にかられ、好きなものばかり食べてしまう。
大昔なら好きなものばかり選択しようにも、手に入る食べ物が限られていたので、その時に手に入ったものだけ食べていました。
現代は違いますよね?
なんでも手に入る。

健康に気を使う人なら多少考えて食べる物を選択すると思いますが、その選択の仕方が微妙。
多くの場合テレビや雑誌、または巷の情報ではないでしょうか?

「テレビや雑誌は真実を語っている絶対に嘘はない、国民の幸せを願っている」

と信じているのでしょうが、そうでもなさそうですよ。
世の中を深く見ている人や、マーケティングやっている人なら分かると思いますが、テレビ局や雑誌などは、バックに大企業や組織、または政府がついています。
利権の絡む組織が得をするように上手く情報を流してるんですね。
残念ながら庶民の健康なんて考えてないですよ。
儲かればいいんです。
業績を上げるためならなんでもします。
特に大企業や大きな組織は。

私たちは上手に情報操作されてるんですね。
その情報だけを鵜呑みにしていると、思わぬ方法に誘導されてしまいます。
テレビや雑誌は話半分に聞いて、違う所にも広くアンテナを張って、色々な所から情報を得た方が良いです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、自分に合った食事法や自分の体質に合った食材はどうやって見つけたらいいのでしょう?
本来なら自分の体に聞けば分かるのですが、現代人はその感覚が退化してしまって分からない。
体ではなく頭で考えようとする。残念ながら頭は賢すぎて勝手な思い込みや間違った情報に簡単に左右されてしまうので当てにならない。
じゃぁどうするか?

ちゃんとそういうのが分かる文明の利器があるんですね〜。
しかも、金儲けしか考えてない腹黒い会社が作ったのではない、国策としてある国が研究開発してきた機械が・・・。

長くなりましたので、そのお話は次回に紹介します。

ありがとうございました。