生理痛と便秘

こんにちは、上田です。

今回は便秘と生理痛の関係についてです。

私は男なので正直生理痛の辛さはわからないです。
聞くところによると、生理痛のひどい人もいればそうでない人もいるようですね。
毎月の事なので生理痛が酷い女性は大変だと思います。
今回は多くの女性の生理痛が少しでも解消できればと思い、便秘と生理痛についての情報をシェアしたいと思います。

「わたし便秘なんです」

という女性は多いと思いますが、この慢性的な便秘が女性器官に悪影響を及ぼすのはご存知ですか?
よく生理前には女性ホルモンの影響で便秘になりやすいと言われてますが、生理が始まると女性ホルモンの影響が減り便秘の無い普通の状態になるそうです。普段から快便な女性なら、便秘による生理痛の影響は少ないのでしょうが、慢性的に便秘のある女性だと生理痛も酷くなる傾向があるそうです。

ではなぜ便秘があると生理痛が酷くなりやすいのでしょうか?

それは、女性の骨盤内臓器の位置が関係しています。
ネットでも本でもいいので女性の下腹部を縦に切った絵を探して見て下さい。

骨盤の中は、左(前)から順に、膀胱・子宮・直腸と並んでいます。
男性の場合は膀胱の後ろは直腸なのですが、女性の場合は膀胱の後ろは子宮です。膀胱と直腸の間に子宮があるのです。
子宮は膀胱と直腸の間に挟まれているんですね。
子宮は直腸と背中越しですぐ隣同士なんです。

もし直腸に常にウンコが溜まっているとしたら?
物理的にも影響を受けやすいのは分かると思いますが、身体中の老廃物や毒素の塊であるウンコが常に大腸に停滞している事で、物理的なこと以外にも悪い影響を及ぼします。

それは、大腸が体の毒素の75%を排泄する器官という事で、便秘が長期に続くとウンコとして排泄されるはずの毒素が再吸収されてしまい、体の色々な場所に影響を及ぼしてしまうからです。特に骨盤内の大腸付近には女性の生殖器官が有るため、子宮や卵巣が影響受けやすいということです。

大腸から排泄されずに再吸収された毒素は、血流に乗って全身を巡り大腸以外の場所から毒素を排出しようとします。その排出先が皮膚です。
肺からは呼気によって、大腸からは皮脂線によって毒素を排出しようとします。
東洋医学でも肺と大腸は表裏の関係になっており、肺も大腸も皮膚との関係が深いのです。

生理痛になる原因は便秘以外にも色々とあるでしょうが、慢性的な便秘もその一つとして上げられるわけです。
もし貴方の生理痛が便秘からくるものであれば、とにかく便秘を解消しなければなりません。
そうすれば生理痛が軽減する可能性は大なのです。
消炎鎮痛剤を服用して腸内環境を壊さなくて済むのです。

腸内環境を崩しそれが原因で便秘になる。

便秘の影響で生理痛が酷くなる。

消炎鎮痛剤を服用する。

腸内環境を崩す。

この繰り返しですね。

しかし・・・
便秘ってなかなか治らないんですよね。
生理痛を云々いう前に便秘で悩んでいる女性も多いはず。
ここで便秘について書き出すと長くなるのでやめますが、便秘は生理痛以外にも多くの悪影響を及ぼすので、対症療法を使ってでも出してしまった方がいいでしょう。

便秘の対症療法

シンプルに浣腸する事。
薬物による浣腸ではなくて、自分でできるエネマがオススメ。
特にコーヒーエネマがオススメなんですが・・・
ネットで調べるとコーヒーエネマはバッシングが多いですね。
大体あーだこーだ言う人は実際にやったことがない人ばかり。
やってもいないのに文句言うなって感じですが。

コーヒーエネマについてコメントするのは難しい面もあるのですが、私はコーヒーエネマ経験者で歴も3年以上になります。そして色々とチャレンジした経験もあります。1ヶ月連続でエネマをしたり・・・。
もちろんメリットもあればデメリットもあるわけです。

しかしデメリットって何だろう?
腸が傷つく?
普通に考えて傷つきませんけどね。
そちらの趣味の方の方がよっぽど傷つくと思います。
私は限りなくメリットの方が多いと感じています。

エネマも対症療法なのでこれをする事で便秘症が治るわけではありませんが、便秘状態を何年も続けて体の不調を訴えるくらいなら、エネマで出してしまった方がまだメリットがあると思っています。
本来は根本から便秘症を解消するのが先ですが、いつまでたっても便秘が改善しないのなら、対症療法でもいいので手っ取り早くコーヒーエネマで出してしまった方がいいでしょう。

ありがとうございました。
ではまた。