腸内環境が悪けりゃ健康にはなれない

こんにちは、上田です。

健康になろうと考えた時する事は、
運動始める。
食べ物に気をつける。
などしますよね?

確かにそれも重要ですが、
それより先にやらなければいけないことがあるんです。
それをやっとかないと、
効果が半減したり、
効果が全然出なかったりします。

そのやる事とは・・・

腸を綺麗にする事。

腸が汚い状態ではどんな健康法を試しても、功を奏さないばかりか無意味になる可能性があります。
運動も食習慣もだいじですが、何より先に腸を綺麗にする事から始めましょう。
先ずはそこからスタートです。

消化器官の仕事は?

食べ物の消化吸収
老廃物の排泄
毒素の排泄

便が詰まって腸が汚れている状態では、どんなに良いものを食べても養分をしっかりと吸収できません。もし運動すれば大量の汗をかくため、運動後には失われた水分やミネラルを補う必要があります。その吸収する場所が詰まっていたり汚れて傷んでいては、まともに吸収なんてできません。
排泄する以外に消化吸収もする器官だからこそ、便通を良く綺麗にして水分やミネラルがスムースに腸粘膜を通過できるようにする必要があるのです。

腸は消化吸収する以外にも、体内の毒素などの老廃物の排出もしています。
もし宿便が溜まっていたり便秘していたら、その老廃物や毒素は体から出て行きません。出て行かないとどうなるかというと、胃や口に逆流こそしませんが毒素が腸粘膜から再吸収されてしまいます。再吸収するということは毒素が血液循環に戻ってしまうという事になります。

血流に送り返された毒素はどうなるかというと、体外に排出可能な他の器官に運ばれ排出されるんですね。
その向かう先が『肺』『皮膚』
だから東洋医学では肺と大腸は表裏一体と考えるし、肺も大腸も皮膚との繋がりを言うわけです。
その理由は肺も大腸も共に排泄を司る器官だからです。

便秘によって排泄できない毒素は、腸粘膜から再吸収され血流に乗り、次なる排出口を探して身体中を巡ります。そして肺からは呼気に乗せて毒素を排出し、皮膚は皮脂腺や汗から排出します。

歯がピッカピカで綺麗な口してるのに口臭のキツイ人いますよね?
そういう人はきっと慢性的な便秘症なのかもしれません。

顔や背中にニキビや吹き出物の目立つ人いますよね?
その他、全体的に肌の状態が悪い人。
そういう人も慢性的な便秘症なのかもしれません。

このように腸内環境はお肌にとって非常に大事なわけです。

その他にも大腸の環境が悪いと、色々な不調や病気の原因になる可能性も否定できないのです。
もしかすると長年患う原因不明の原因がある人は、大腸に原因があるかもしれませんよ?

健康になるために運動でも食事でも何でもいいんですが、何かやろうとする前には必ず腸内環境の改善をしてから始める方が効果が高まります。詰まったり汚れた腸では有用な栄養素を効率よく吸収することはできないでしょうし、フン詰まりの状態では毒素や老廃物も出て行きません。
とりあえず健康習慣始める前には、腸内環境の改善から始めてみましょう。

具体的な腸内環境改善の方法はいずれ紹介しますね。

ありがとうございました。
ではまた!