妊娠と心の関係

江南市の完全プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

ここ二日くらい我が家の次男坊が寝込んでましたがさすがに子供、復活も早いですね。

我が家には二人の子供がいます。
やんちゃ盛りで大変ですがまだまだカワイイもんです。

我が家の子供たちは妊活始めて比較的すぐに授かりました。
タイミング以外は妊活のために何か意識してやった事はないですが、ありがたいことに二人の子供を授かりました。
でも世の中には妊活しててもなかなか授からない方が多いのも事実です。

当たり前ですが、条件が全てそろっていれば妊娠はするはずです。
健康であろうがなかろうが。

生活習慣があまり良くなく不健康そうに見えても子宝に恵まれている夫婦はたくさんいます。
逆に持病も何も無く健康そうに見えてもなかなか授からない夫婦もいます。
もちろん妊娠の為だけでなく、出産や子育ての事を考えると、健康体である必要はあると思います。

でも不健康そうな生活してても妊娠する人と、健康に気を使っていてもなかなか妊娠しない人。
この違いはいったいどこにあるのでしょうか?

妊娠・出産は健康な方がいいに決まってます。
健康な親から生まれれば子供も丈夫で健康な子が生まれます。
だから真の健康体である必要はあると思います。

でも健康に対して神経質になりすぎるのは良くない。
健康を気にしすぎるあまり、かえって不健康になっている話もよく聞きます。

あと忘れちゃいけないのが、健康というのは肉体の事だけを言っているのではないという事。
精神面も安定してて初めて健康と言えます。
しかも自分で気づけない深層心理の部分がどうなっているかが特に重要かもしれません。

「病は気から」

とはよく言われますが、これはその通りだと強く感じます。
こんなこと書くと猛反発されそうですが、病は自分の内側から生まれるものです。
もっと言うと、怪我も自分の内側から生まれると思っています。

内側って何かというと、自分の思考や深層心理のことです。

要するに自分に起こる事象の全ては、自分自身が作ったもしくは引き寄せたもの。
この話を以前ある有名な先生から聞いたときは、妙に納得しちゃいましたね。

なので妊娠に関しても「こころ」の問題は無視できないと思うのです。
特に自分では気づきにくい深層部分の心理状態が妊娠に影響を及ぼしているように思います。

当たり前ですが表面的には子を授かりたいと思っているでしょう。
でもこれが本心ではない場合が少なからずあるのです。

まわりが期待してるから
嫁ぎ先の親からのプレッシャー
元々あまり子供が好きでない
子供時代のトラウマ
子育ての不安

子供が欲しいと思う自分が居るのは確かだが、深層心理の部分に上のような思いがある。
それが妊活に影響を与えている可能性は実際に否定できないのです。

なので妊活には肉体の健康面ばかりではなく、精神面も考えていかなければいけないと思っています。
でも他人が人の心をコントロールすることはなかなかできるもんではありません。
ではどうするか?

難しい問題ではありますが、ヒントとなるのは心を見つめる訓練。

マインドフルネスや瞑想などがそうです。

この辺りもおいおい記事にできればと思っています。

ではまた!

江南市の完全プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

鍼灸・美容鍼・妊活鍼・マッサージ・細胞ナノスキャンMTR

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990
※施術中は電話に出られません。お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓