安いチキンの正体は?

江南市の完全プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

クリスマスも終わって次は年末年始ですね。
明日あたりで仕事納めの職場も多い事でしょう。

23日から25日にかけてはクリスマスイベントという事もあり、地域のケンタッキーフライドチキンが大混雑でしたね。そういう我が家もご近所さんとのパーティーでケンタッキーフライドチキンを予約しました。なんだかんだ言っても美味しいですよ!

でもなぜクリスマスにチキンを食べるのでしょうね?
関心がないので調べもしませんがね。

せっかくチキンを食べるのですから、どうせだったら国産の鶏肉の方がいいですよね。
外国産のはどうも信用ができなくて・・・。
そうかと言って最近は日本も信用できない食品が増えてますけどね。

日本の鶏肉もすごく安全かというと???ですが、輸入チキンよりはマシかなぁと思います。

さてさて、わたくしケンタッキーフライドチキンを食べるのは年に1回くらいです。食べる頻度が低いので今まで産地がどうとか気にしませんでした。でも今回はなぜか鶏肉の産地を調べてみたわけです。

おお〜!

国産の鶏肉になってますね。

意外!

良かった、ブラジル産じゃなくて。
なぜブラジル産がダメかって?

それはアメリカ産牛肉と同じで成長ホルモン剤や抗生剤などの残留薬物が多いため!それに餌も遺伝子組み換え穀物でしょうから良いことはありません。

ちょっとネットで調べれば出てきますが、成長ホルモンや抗生物質の投与量が多いらしいのです。以前それが理由でアメリカですら輸入禁止にしたくらいです。(現在はわかりません)

あと値段の安さもビックリです。
普通に考えて、地球の裏側から日本に運んでくるわけなので、輸送コストを考えると国産より高くなきゃおかしいと思うのですがめちゃ安い。とにかく安いですよね?

多くの外食産業は安い材料を仕入れて最大限の利益を出します。
だから大手のレストランやファストフード店はブラジル産の鶏肉を使っていると思います。特に安さが売りのようなレストランは採算を考えると間違いなくブラジル鶏肉なのだと思います。

ファストフード店ならなおさら、使用する肉や揚げるオイルのクオリティーは全く期待していません。
でもできれば毒気の少ないものがいいに決まっていますよね?

一度よく食べに行く大手レストラン、ホームページで産地を調べた方がいいです。

ほとんどが国産ではないと思います。
特に低コストな飲食店は。

 

私は焼き鳥屋に行くなら国産鷄をうたっている鳥貴族にしていますが、結構低価格なお店なので実際のところはどうなんでしょうね?
飲みに行くのに体の健康気にするのもおかしな話ですが・・・。

なんでもそうですが、ジャンクフードでもお菓子でも嗜好品でも、要は頻度と程度の問題だと思っています。

食べる頻度が低ければそれほど影響も無いと思います。
でも毎日毎週のように食べている場合など、5年10年20年かけて身体的に問題が出る事を否定する事はできません。

特にこれから妊活を考えている夫婦、成長期の子供がいるご家庭では特に気にかけていただきたいです。子供たちの健康は親次第ですからね。

ありがとうございました。

ではまた!

ようこ先生ブログはこちら↓

江南市の完全プライベート鍼灸サロン【治療室nozomi】

江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

鍼灸・美容鍼・妊活鍼・指圧マッサージ・細胞ナノスキャンMTR・体質チェック・食の相性チェック

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990

※施術中は電話に出られません。お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市