人間の取説はどこにある?【その7】最終回

愛知県江南市にある完全プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

「人間の取説はどこにある?」
シリーズも長くなってきたし飽きてきたのでこれで最後にしようと思います。

このシリーズで言いたかったのは、どのようにして体はエネルギー代謝をしているかという話なんです。エネルギーを作るのには材料が必要で、その材料に何を使うかという話し。

エネルギーの話をしてもピンとこない人が多いと思いますが、これ成長にも健康にも美容にも妊活にもアンチエイジングにも超重要なんですよ!

エネルギー源に何を使うか、どのように代謝するかを知っておかないと、成長・健康・美容・妊活・アンチエイジングに影響しますから、健康妊活している人は知っておいた方がいいです。

 

人間がエネルギー産生に使う材料は効率の良い順で、

  1. 脂質
  2. タンパク質

効率のいいエネルギー源はということです。
だから糖はそんなに悪者ではないですよ、という事が言いたかったわけです。
ただし、合成甘味料、コーンシロップ、ぶどう糖果糖液糖など書かれている物はダメ!
ただ困ったことに現代のほとんどの加工した食べ物にはこれらが使われている。
これらの加工したスウィーツやお菓子が体に悪いというのに異をとなえる人は居ないでしょう?

では砂糖、黒砂糖、はちみつなど無添加の甘いものはどうでしょう?

私は適宜に食べていいと思ってます。
果物も切り売りされているものや加工した物でなければいいと思います。
フルーツやはちみつや砂糖はそんなに悪いものでもない!
とあえて言っておきましょう!

とは言っても、
「過ぎたるは及ばざるがごとし」
なので依存しすぎるのはダメです。

でも手放しで甘い物大歓迎でもない。
糖でエネルギー代謝を回すためには、多価不飽和脂肪酸(オメガ3とかオメガ6とか)を体に溜め込まないというのが前提だそうです。要は植物性油脂です。特にオメガ3とオメガ6は酸化しやすく、中性脂肪がこの脂肪酸だった場合、脂肪燃焼で分解されると遊離脂肪酸というのができ、これがとっても悪いのだそうな。この様な研究報告も徐々に出てきているそうです。
このオメガ3脂肪酸を推奨している現代医学とは逆になりますが・・・。
たぶん9割以上の人達からは猛反発される話ですね。

私もこの件に関して最初は「ほんまかいな?」でしたが、勉強すればするほど納得できてしまう。
だから昔は糖類否定派でしたが今は肯定派になり、現在は身をもって糖の害が無いことを証明すべく、毎日「はちみつ」食べてます。本来あまり好きではない果物も毎日一食は食べるようにしています!

これだけ読むと

「糖質だけ食べてりゃいいってこと?」

とも受け取られそうですが、それは極端な思考です。
流石に甘いものばかり食べていたら嫌になるはずです。
誰でもが。
それこそが体の声。

甘いものが食べたいと思うときは、糖が足りていないんですよ。
そこで変に加工うした甘いものを食べるから体が悪くなる。
自然の糖を食べなきゃいけません。

もし体の中で糖が満たされたなら、自然と食べたくなくなるでしょう!
逆にラーメンとか甘くないものを食べたくなりますよね。

くどい様ですが合成甘味料やハイフルクトースコーンシロップなどの異性化糖はダメですよ!

2番目、3番目の脂質、タンパク質は、
血中に使える糖が無かった場合に使われるバックアップのようなものだそうです。
血中に糖が有るならそれを先にエネルギー産生に使った方が効率がいい。
脂質・タンパク質は、食べ物が入ってこないとか、過度のストレス状態など、危機的状況の時に使われるエネルギー源と思ってます。

特に3番目のタンパク質なんかは、自分の体の構成成分ですから、これをエネルギーの材料として使い続けたら、体はやせ細り餓死です。餓死は極端にしても病気の末期のような状態になるでしょう。

ちょっと長いですが、詳しくは、こちらもお読みください!

人間の取説はどこにある?【その1】エネルギー代謝と糖質制限

人間の取説はどこにある?【その2】飽食なのに足りないエネルギー

人間の取説はどこにある?【その3】効率の良いエネルギー代謝が必要なわけ

人間の取説はどこにある?【その4】タンパク質の吸収と分解を知る

人間の取説はどこにある?【その5】脂肪をただ燃焼させればいいって話ではない!

人間の取説はどこにある?【その6】全ての不調の原因はエネルギー代謝の悪さからくると言っても過言ではない!

ではまた!

愛知県江南市の完全プライベート
体質改善鍼灸サロン【治療室nozomi】江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

体質改善・自律神経症状・不妊鍼灸・体質チェック・食の相性チェック・量子波動セラピー・美容鍼

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990

※施術中は電話に出られません。お手数ですが留守番電話かメールフォームに一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市