妊活しても不妊がつづくのは、エネルギーをうまく作れていないからかもしれませんよ

愛知県江南市にある完全プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

今日は不妊とエネルギー代謝について書いてみます。

妊活や妊娠中って食事法に関する話が色々ありすぎて迷いませんか?
同じ産婦人科でも微妙に言う事が違う?

ネットや本なんかでは、

「糖質制限するとケトン体が出て危険だからダメ」とか、

逆に「ケトン体は危険じゃない」とか、

「糖質制限して肉などタンパク質をしっかり食べないさい」とか、

「糖質制限はかえってよくない」とか、・・・

まあ色々と言われるわけです。
またそれを言っているのがその筋のプロなので益々混乱してしまいます。
私は医者ではありませんので、この食事法は良くてこの食事法はダメ!みたいなことは基本的に言いませんが、極端な事をするのだけは止めた方がいいでしょうね。

では妊娠をエネルギー代謝の点から書いてみたいと思います。

体が速攻でエネルギーに変えることのできる材料は「糖」です。
今の時代、世の中の風潮は「糖=悪」ですが・・・
でも実際に体の中にこの糖が不足していると体は飢餓と認識するのです。
そして副腎という器官からストレスホルモンを分泌します。
このホルモンが脂肪やタンパク質を分解しエネルギーの材料にするよう働きかけます。
脂肪やタンパク質を分解して糖に変換するのです。
この様にエネルギーを作る基本材料の「糖」が足りなというのは、体にとって生命の危機となるわけですね。

この状態がひどいのが「飢餓」です。

飢餓のように体に好ましくない状況が続くと、体は限りあるエネルギーを命に直接関係する器官に優先してまわすようになります。逆に命に直接関係しない器官への供給を減らします。

優先すべきは先ず「脳」「心臓」ですね。

その逆に生命活動に直接関係しない器官は後回しにされますので、それが「毛髪」だったり「爪」だったり「生殖器官」になるわけです。

アスリートの女性など、精神的にも身体的にも過酷な状況が続くと生理が止まるのはよく聞く話です。精神的・身体的ストレスは非常に多くのエネルギーを消費するため、糖のエネルギー代謝だけでは間に合わず、足りなくなったエネルギーを作るためにストレスホルモンを分泌し、エネルギーの材料を確保しようとします。体はこの状況を生命の危機と判断するため、生き残るために必要不可欠な器官にエネルギーを優先し、生命維持に直接関係しないその他の生殖器官の働きを止めたんですね。

この様に精神的・身体的ストレスでもエネルギー消費が増大し、糖が足りなくなるため生殖器官の機能も低下するということです。生殖機能自体が低下している状態では、鍼灸や不妊外来で治療してもなかなか授からないわけです。

この事から、糖質を制限しすぎた場合、エネルギーの材料「糖」が足りなくなり、生殖器官にまではエネルギーを回せなくなる。エネルギーが足りないから生殖機能を一旦落として対処している。
というわけです。
これでは妊娠しにくいのもうなずけますね。

妊娠しない原因はいくつもありそう単純ではないですが、エネルギー代謝が上手く回ってない事も原因として十分に考えられるわけです。

でも考えてみると、多くの人が飽食状態(糖質過多)なのに糖が足りないって不思議な感じですけどね。

 

糖質が足りないなら炭水化物をたくさん食べればいい?

糖質であれば何でも良いのか?
答えはNOです。

食べる物と質によるでしょうね。

現代は小麦製品など穀物の食べ過ぎです。
この辺りは制限する必要はあると思います。

あと直接糖の場合、最近は人工的に作った人工甘味料や異性化糖が多すぎです。
異性化糖とは「ぶどう糖果糖液糖」又は「果糖ぶどう糖液糖」の事です。
最近の加工食品・お菓子類・清涼飲料水など多くの食品に使われています。
なぜ企業はこれらの粗悪な材料を使うかというと、通常の砂糖よりも甘く使う量が少なくて済みメチャ安価だからです。
加工食品は企業が儲けるための商品なのでコストを下げ利幅を大きくして儲けるのです。

少し話が逸れましたが、小麦製品や異性化糖の入った食品はエネルギーの材料としては良くない。もし糖質制限するなら、なんでもかんでも糖質をカットするのではなく、食べる穀物の量を減らしたり、異性化糖のような体に良くない糖質だけを制限するくらいでいいと思います。

あと、こんなツッコミもありそうですね。
「糖質制限をしてもケトン体をエネルギーにできるから大丈夫!」
こうおっしゃる方にはこんな研究があります。

ケトン体の場合は脂質代謝になるわけですが、脂質代謝がメインになるとミトコンドリアで糖の代謝がブロックされ糖をエネルギー源として利用できなくなる。というもの。
脂肪代謝になった方がダイエットになって良さそうに思えますが、話はそう単純ではないようです。

脂肪について少し書くと、
現代人の皮下脂肪や内臓脂肪のほとんどは多価不飽和脂肪酸からできてるそう。
多価不飽和脂肪酸とは、いわゆる低温でも固まらないサラダ油・大豆油・菜種油・アマニ油・エゴマ油などの植物性オイルですね。(ちなみに動物脂肪などの飽和脂肪酸は大丈夫だそうです)
この植物油脂からできた中性脂肪をエネルギーの材料にすると、その過程で出る代謝産物が「糖」の代謝を止めてしまうのだそうです。またそこから有毒な過酸化脂質ができるのだとか。要は毒です。
糖という材料がすぐそこに有るのにその糖を使えない!
そして有害な過酸化脂質ができる!
これは大問題ですね。

さらに、一度糖代謝から脂質代謝やタンパク質代謝に変わると、体が基本とする「糖代謝」にはなかなか戻らないそうです。

この糖代謝がブロックされている場合そのブロックを解除し、再び糖代謝に戻すことができるそうです。それが最近批判的な声の多い、フルクトース!(果糖)です。果糖がブロックされた糖代謝を正常な状態に戻してくれるのだそうです。

だから果物ってそんな悪いものではないと思うのです。
ただ、最近の果物は問題も多いので手放しで「良い」とも言えませんが、質と量を間違えなければメリットの方が多いと思います。
更にもっといいのが「はちみつ」!
はちみつは果糖とブドウ糖からできており、結合していないため消化分解が必要なく吸収がダイレクト!
GI値が低いうえ、糖代謝のブロックを外し、速攻でエネルギーとして使える。
紀元前から薬として使われてきただけあって歴史が証明している。
とっても万能なのです。

ただし、スーパーで売ってる「はちみつ」は加工した物が多く本物は稀。ただの嗜好品として使った方が無難です。
「はちみつ」はシロップが混ざってなく熱処理もしていない「本物」でなければ効果は期待できません。

色々うんちく書きましたが、まとめるとこんな感じです。

  1. エネルギー代謝の基本、糖代謝の材料が枯渇しないように、
    過度の糖質制限や極端な食事法はしない。
  2. 糖代謝をブロックしてしまう原因である、
    多価不飽和脂肪酸(主に魚油・植物油)を過剰に摂らない。
  3. ブロックされた糖代謝を元に戻すために、
    果物やはちみつでフルクトースを摂る。

糖質制限はいけませんが、糖質を全然食べないのも問題です。ただ現代人は糖質過剰なのも事実。昔からお米は食べられていましたが今はそれプラス、パン・麺類・お菓子類などの小麦食品をやたらと多く食べています。このようなでんぷん質を過剰に食べ過ぎている事が問題なので、糖質の適正化は必要だとおもいます。

植物性油脂の問題として、現代の日本の食事は、炒め物・揚げ物が多いし、何でもかんでも植物油を使いますよね?
もともと日本は炒め物や揚げ物ではなく、煮る蒸す焼くが基本ではなかったでしたっけ?
昔、植物油といえば主にランプの燃料用など食べ物以外で使っていたそうで、食用にはそれほど使っていなかったそうな。
それが最近ではどんな料理にも使っている。
植物油を調理に使わないことなんてまず無いでしょう?
しかも、わざわざ健康のためにと油をかけたり飲んだりもするし。
やはり脂質過多ですよ。

妊活の為にありとあらゆる事を試してきた。
でもなかなか授からない。

なら今度は、エネルギー代謝を効率よく上げる良質な「糖」を摂る食生活を試してみたらいかがでしょうか?
妊娠だけでなく、美容にも健康にもアンチエイジングにもなりますよ。

 

アクションプランとしては、

  1. 糖質制限をやり過ぎない
  2. 植物油を多用しない
  3. フルクトース(果糖)を摂る

こう書くと半分くらいの人は

それは間違っている!
直接糖が良いわけがない!

なんて聞こえてきそうですが・・・

そう思う人はご自身で調べてみればいいのです。そして試してみればいいのです!
きっと調子が良くなるから。

 

最後にひとつ!

人それぞれで代謝の仕方は違います。個人差があります。
糖代謝が上手く回っている人もいれば、回っていない人もいる。
糖代謝が上手く回っていない人は質の良い糖が必要ですが、回っている人は糖が過剰になる可能性もあります。
そのあたりは下の「糖代謝が回っていない人の特徴」を見て判断するといいでしょう。

糖代謝が回っていない人の特徴

  • 疲れやすい
  • 目覚めが悪い
  • 抜け毛が多い
  • 生理不順
  • 体温が低い
  • 調子を崩しやすい
  • 口臭がある
  • 骨密度が低い
  • むくみやすい

もし思い当たるフシがあるなら、あなたは「糖」のエネルギー代謝がうまく回っていないかもしれませんよ。

この他にも「糖」のエネルギー代謝が上手く回っているかいないか調べる方法があります。
当治療室で使用している量子波動器の「細胞ナノスキャン・メタトロン」
この測定器を通すと、その人が普段どのような代謝を使ってエネルギーを作り出しているかおおよその事が分かります。
そこからですね、食事法を見直すのは。

妊活目的の方なら「妊活セラピー無料体験説明会」を週3回一日1名で行っていますので先ずはコチラをご利用ください。
無理な勧誘など一切ありませんのお気軽にどうぞ!

それではまた!

愛知県江南市の完全プライベート
体質改善鍼灸サロン【治療室nozomi】江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

体質改善・自律神経症状・不妊鍼灸・体質チェック・食の相性チェック・量子波動セラピー・美容鍼

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990

※施術中は電話に出られません。お手数ですが留守番電話かメールフォームに一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市