心と内臓はつながっている

愛知県江南市にある
体質改善プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

今回は心の問題を検証してみました。

生きていると色々な事がありますよね。

思い煩い悩みに不安に喜び。

嬉しい事もあれば嫌な事もある。

この様な事が表情や行動に表れたのが、

「喜怒哀楽」

ですね。

人によって喜怒哀楽の出方には大きく差があります。
すごく分かりやすく出る人と、ポーカーフェイスにさほど表に出ない人。

喜怒哀楽を引き起こした原因(事象)が全く同じだったとしても、人によって反応の仕方がまるで違います。

そして、その原因(事象)の解釈しだいでは、メンタルの状態にも大きな違いが出てきます。

人によって同じ出来事でも大きく気を病む人もひれば、気にしない人もいる。

例えば、

ある日、職場でいつも笑顔で挨拶するAさんがいつもより不愛想だったとします。それに接したBさんは「どうしたんだろう?私、何かしたかしら?」とその事が一日中頭から離れない。
同じように接されたBさんは「愛想ワル~」くらいは思ってもすぐに頭から消え残らない。

この様に事象に対する解釈や反応の仕方は人によって大きく異なります。

このBさんとCさんの反応の違いは、Bさんが事象を自分と関連付けて考えるのに対し、Cさんは自分と関連付けて考えないという事だと思います。

詳しいことは専門家ではないので分かりませんが、両者の解釈や反応の違いが、後々に色々な精神的な問題を引き起こしていくのだと思います。

今回はこの両者の反応の違いを、内臓という観点から読み解いていきたいと思います。

昔の人はよく感情を内臓の感覚として表現していました。
その内臓の感覚に多く使われる臓器は肝臓や腸ですね。

「腑に落ちる」
腑とは消化管の事です。
主に「納得できた」ような時に使いますね。

「断腸の思い」
読んで字のごとく腸がちぎれるような悲しく辛い思いですね。

「肝が据わる」
滅多な事では驚かないような事ですね。

「胆力がある」
物事に動じないような人をいいますね。

 

この様に人の思考や感情は内臓の感覚とも繋がっていることが分かります。

脳は腸とつながり、腸も脳とつながっている。

だから頭で作られた思考や感情は内臓にも影響し、内臓の状態は頭の思考や感情にも影響すると言えるんですね。

実際に脳神経10番の迷走神経という神経は、内臓とダイレクトに繋がっていることから、それは不思議でも何でもないのです。

東洋医学でも思考や感情を内臓に結び付けています。

肝=怒
心=喜
脾=思
肺=憂
腎=恐

怒りっぽい人は肝臓を傷め、喜びも過ぎると心臓を傷め、思い煩い過ぎると脾(この場合は胃)を傷め、憂い悲しみは肺を傷め、恐怖は腎臓を傷めるという意味です。

逆で考えると、肝臓が良くないから怒りっぽく、心臓が良くないからはしゃぎ過ぎ、脾(胃)が良くないから思い煩いやすく、肺が良くないから憂い悲しみやすく、腎臓が良くないから恐怖や怯える。

だから、あなたのメンタル的な問題は、あなたの内臓の状態から来ていると考えても不思議ではないのです。

 

私のクライアント様ではありませんが、東京で多くの精神疾患のクライアント様を量子医学的に診ているお医者様がいるのですが、細胞ナノスキャン・メタトロンで測定すると、腸や鼻腔に問題が表れていることが多いのだそうな。

精神の問題なので、脳に問題が表れていそうなものですが、それは無いそうです。自閉症などの子供も同じように、鼻腔と腸に問題が表れることが多く、脳には何も出ないのだそうです。

鼻腔に関していえば、鼻腔は呼吸器ですから東洋医学では肺の関係として見ます。
肺は憂いや悲しみの臓器といわれてますから、メンタルに影響しても不思議じゃないですね。
しかも肺は表裏で大腸と関係しており腸の影響もつながってきます。

もちろん心の問題はこれだけでは解決せず幾つもの問題が絡むのですが、内臓の状態も少なからず関係していることが、この事からもお分かりになると思います。

もし悩みや苦しみや不安があったとしても安易に心療内科などには行かず、先ずは内臓や腸内環境を健康にする事から始めてみてはいかがでしょうか?

メンタル的に悩みのある方も、体質改善でベースとなる肉体を健全にすることから行っていくことが大事です。

精神は薬では解決しません。

安易な薬物摂取は薬物依存の入り口になり将来そこから抜け出せなくなる事をしっかり認識しておきましょう。

今日はここまでです。

ではまた!

愛知県江南市の完全プライベート
体質改善鍼灸サロン【治療室nozomi】
江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

体質改善・自律神経症状・不妊鍼灸・体質チェック・食の相性チェック・量子波動セラピー・美容鍼

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990※施術中は電話に出られません。

※お手数ですが留守番電話かメールフォームに一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市