心の問題は代謝エネルギーを枯渇させ妊娠をしにくくさせる

愛知県江南市にある
体質改善プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

このところ心の問題をテーマにしてきました。

これが不妊治療を受けている方や、妊活が長引いている方にも関係する話しです。

ネガティブな心の問題は心的ストレスにもなるため、その処理のために大量のエネルギーを消費します。いつも言っているエネルギーの問題に繋がってきます。

不安や悩みは多かれ少なかれ誰にでもあるもの。
でもその耐性は人によって大きく違ってます。

元々エネルギー産生能力の高い人は、不安や悩みに対して落ち込みにくいといえます。
しかしエネルギー産生能力が低く日頃からエネルギーが足りていない人は、不安や悩みに対して落ち込みやすいといえます。

エネルギーの不足している人の特徴として、

すぐに疲れる。
覇気が無い。
調子を崩しやすい
朝起きても疲れが取れてない。
平熱が36度未満。
冷えやすい。
むくみやすい。

などありますが、心的ストレスで落ち込んでいる人のイメージに当てはまる感じがしませんか?
逆に・・・

常にパワフル。
活気がある。
絶好調。
朝から快調。
平熱36.5度以上。
暑がり。

心的ストレスで落ち込んでいるイメージではないですよね?
松岡修造さんみたいな感じですね。

現在不妊治療をしている人や、妊活が長くっている人は、エネルギー産生能力が低い可能性が高いのですが、なかなか授からないことで、それ自体がストレスになっている可能性があります。

不妊治療をしていてハッピーな人なんていないでしょう?

そのストレスによってエネルギーは大量に消費されているはずです。
ただでさえエネルギー不足で授かりにくい状態にあるのに、不妊治療を受け続けるストレスによって更にエネルギーを使ってしまえば、より授かりにくくなると言っても過言ではないのです。不妊治療も最初の内はそれほどストレスにはならないでしょうが、治療も長期に渡るとストレスが増し、余計に授かりにくくなる悪循環に陥ります。

聞いた話で、7年間ありとあらゆる不妊治療をしても授からなかった夫婦が、子供を諦め生涯夫婦二人で生きていく決心をしたそうです。
そして気晴らしに旅行に出かけたそうです。
そして妊娠。

この方は不妊治療が相当のプレッシャーだったのでしょうね。
このプレッシャーから解放されたとたん妊娠したわけです。

元々、不妊になっている原因が器質的問題でないのであれば、母体が子を宿すのに適した状態になっていないだけです。十月十日の間、お腹の中で胎児を成長させるだけのエネルギーが今備わっているかいないかなのです。またそのエネルギーを更に減らすのが精神的なストレス。

一人分のエネルギーでもギリギリの状態では、お腹にもう一人の生命を育めるだけのエネルギーは回せません。今必要なのは無駄なエネルギー消費を減らす事、エネルギー産生能力を上げる事です。

無駄なエネルギー消費を減らすのは、ストレスの対処法を覚えることで対処できます。

エネルギー産生能力を上げるには、食習慣を変えることで対処します。

この二つに取り組めば、自然に任せるにしても、不妊治療をやるにしても、確実に妊娠の可能性を高めることができると思います。

ではまた!

愛知県江南市の完全プライベート
体質改善鍼灸サロン【治療室nozomi】
江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

体質改善・自律神経症状・不妊鍼灸・体質チェック・食の相性チェック・量子波動セラピー・美容鍼

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990※施術中は電話に出られません。

※お手数ですが留守番電話かメールフォームに一言お願い致します。折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市