アルコールの分解力を高め健康的なお酒ライフをおくる方法

愛知県江南市にある
体質改善プライベート鍼灸サロン
治療室nozomi(のぞみ)の上田です。

毎日晩酌する人はどれくらいいるのだろう?

これを書いている私は、飲酒の量やお酒の質は常に意識しながらも、ほぼ毎日飲んでいます。

しかし、お酒を飲んだ翌朝は少しだけ怠い。
寝ても疲れが取れてない感じ。

ただ、夜眠る前にある物を食べると翌朝スッキリ起きられます。

そのあるものとは蜂蜜です。

蜂蜜を食べてから眠ると、二日酔になりにくくスッキリと目覚めることができるんです。
もちろん度が過ぎる飲酒では難しいかもしれません。

ハチミツの詳しい話をする前に、先ずは酒飲みの人に気をつけてもらいたい点を3つ上げます。

  1. 酒量のコントロール
    当たり前ですがお酒はアルコールです。
    アルコールは分解されるとアセトアルデヒドという毒になり体に悪影響を及ぼします。
    お酒に弱い人はこのアルコールを分解する酵素が少なく代謝に時間がかかるのです。西洋人と比べると日本人はこの酵素をあまり持ち合わせていないようです。その昔、私がスポーツの国際イベントでノルウェーに行ったときの話し。
    夜のパーティーで各国入り乱れて飲んでいました。
    酒の席、夜0時位までは日本人もまあ元気。
    これが深夜1時、2時となるとほぼ全員がヘベレケ状態。
    ノックアウト寸前状態の人もちらほら。
    それと比べてヨーロッパの人びとは酔っ払ってるけど結構平気だったりする。
    そして翌日、日本チームはほとんどの人が二日酔いで会場に来ましたが、ヨーロッパチームはほとんどの人が元気。まったく平気な様子でした。
    これを見て私は、白人とは酒で張り合えないと思いました。どちらにしても酒量が多いと肝臓に負担がかかるのは確かだし、ハチミツを食べても焼け石に水なので量のコントロールは必要です。
  2. 酒の質
    ビールにしてもワインにしても日本酒にしても、その原材料や加工具合いは気にして買っています。そしてできるだけ昔ながらの材料と製法で作られる酒を飲むようにしています。
    お酒の値段にはおおよその相場がありますが、その相場より安い酒はたぶん合成酒です。
    安いのにはちゃんと理由があります。
    また製造工程を端折って安い材料で作るのでどうしても味や風味がイマイチ。その味と風味を本物に近づけるためには、どうしても添加物が必要となるんです。
    ただでさえアルコールの分解で肝臓は大変なのに、さらに添加物の処理までするとなると、肝臓の負担とそこに使われるエネルギーは多大なものになります。高級な酒である必要はありませんが、お酒も原材料表示を良く見てから買いましょう。
    (本物はどうしても値段に反映します)
    例えば「第3のビール」の原材料表示と「エビス」「プレモル」の原材料表示を見れば一目瞭然。だいたい第3のビールや発泡酒なんぞは「ビール風飲料」であってビールではない。
    それに美味しくない。
    ノンアルコールビールなんて内容はもっとひどく更に不味い。
    こんな不味いの飲んでまでビール気分に浸りたくない。本来のビールは麦とホップのはず。
    ただしビールであってもコーンスターチ入りのビールも飲みたくないですね。
  3. 就寝前のハチミツ
    ハミガキ後に蜂蜜を食べます。
    蜂蜜が本物であれば虫歯にはならないようです。
    私は2ヶ月以上ハミガキ後の蜂蜜やってますが、虫歯にはなっていません。
    でも気になる方はハミガキ後でどうぞ!なぜ寝る前に蜂蜜なのかというと、肝臓はアルコールを分解して無毒化するのに大量のエネルギーを使います。普通に飲食するだけでも肝臓の分解には多くのエネルギーを消耗しますが、酒を飲むとそれ以上のエネルギーが必要となります。その時にエネルギーの材料「糖」が血中に無いとアルコール分解が進みません。
    そのエネルギーの材料は消化の必要が無く、すぐに腸から吸収できるシンプルな糖の単糖類が適しており、それに適しているのが果糖とブドウ糖が半分ずつ含まれ、互いに結合していない蜂蜜なのです。その他、蜂蜜はエネルギー源になるだけでなく、アルコールそのものの分解能力を高めることも分かっています。

今の世の中は果糖を悪い物として扱うことが多いですが、私はそんなことはないと思っています。蜂蜜はどこのスーパーでも置いてありますが、正確に言うとスーパーのハチミツは「はちみつ風甘味料」であって本物の蜂蜜であることはほぼありません。大半は安価なシロップを添加してあり加工には熱処理を加えています。もちろんこのような蜂蜜では効果は得られません。当然ですが非加熱処理でシロップ無添加の本物である必要があるのです。

 

飲酒とブドウ糖の話し

酒量が多いと低血糖になるそうです。
これは肝臓がアルコールを代謝する時に、その代謝産物が肝臓からのブドウ糖の産生を抑制してしまうからです。酒をだらだら飲んでると途中で甘い物が食べたくなったり、炭水化物のラーメンが食べたくなったりしますよね?

「酒 ブドウ糖」とググれば色々な情報が出てきますが、なかでも結構見かけるのが「森永ラムネ」。
森永ラムネを食べると調子が復活するそうな?

知る人ぞ知る?
私は知りませんでした。

森永ラムネならすぐ手に入りますしお値段も安くてお手軽ですがそこは加工菓子。
原材料の90%はブドウ糖でも、残り10%は余計な物が入っているので普段使いはしたくないですが、飲み屋をはしごする時には便利そうですね。年末に向けお酒の場が多くなる季節にはいいかも。
でも普段自宅で飲む時は本物の蜂蜜を使いたいところ。

先ずは質と酒量をコントロールすることが最優先ですが、少しでもアルコールの弊害を減らし健康的に楽しく酒を飲むのに蜂蜜を使わない手はないです。

これを読んだ酒飲みの皆さんも、一緒に蜂蜜生活を始めてみてはいかがですか?

 

最後に蜂蜜を選ぶ時の条件。

  1. 無添加の物
    (安い物はほぼ100%の確率でシロップ入り)
  2. 非加熱の物
    (加工のしやすさや糖度を上げるために加熱)
  3. 蜜源の環境に農薬や放射線が無いこと
    (日本国内ではこれが難しいらしい)

これらを基準にしてネットや信用できる養蜂の直売所で探してみて下さい。

これで健康的な酒飲みライフを楽しみましょう!

今日も長文になってしまった。
読んでくれた方、ありがとうございました。

ではまた!

愛知県江南市の完全プライベート
体質改善鍼灸サロン【治療室nozomi】
江南市大間町のマンション一室で“こっそり”鍼灸サロンをやっています。

体質改善・自律神経症状・不妊鍼灸・体質チェック・食の相性チェック・量子波動セラピー・美容鍼

◆営業時間 13:00~20:00
◆定休日 日祝日
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990
※ 施術中は電話に出られません。
※ お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。
※ 折り返しご連絡いたします。

◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

 

 

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・大口町
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市