その慢性的な疲労感は甲状腺にあるのでは?

江南市のプライベート鍼灸サロン
治療室のぞみ
上田でございます。

いつも疲れている。
疲れが取れない。
すぐに疲れる。

この様なお悩みはありませんか?

これらの訴えのほとんどはエネルギー不足が原因としてあります。
そしてエネルギーが足りない理由は以下の通り。

1、材料になる「糖」が不足している
2、材料の「糖」は有るがそれを使えない代謝になっている

更に今回もう一つ原因としてあげるのが、

甲状腺機能の低下です。

甲状腺とは首の喉のあたりにある内分泌器官で、甲状腺ホルモンの分泌が主な働きになっています。この甲状腺ホルモンが分泌されることで、細胞内(ミトコンドリア)で行われる、糖のエネルギー代謝が回ります。

エネルギー代謝には「解糖系」「ミトコンドリア系」2つの経路があります。

解糖系は酸素も甲状腺ホルモンも必要としない代謝系で、ブドウ糖を材料にしています。ただエネルギー(ATP)産生量が少なくATPが2つしか作られません。

ミトコンドリアの代謝では酸素と甲状腺ホルモンを必要とし、ブドウ糖・果糖・脂肪・アミノ酸を材料にATPが36個も作られます。どちらの方が効率がいいかは一目瞭然ですね。ただしミトコンドリアの代謝は、材料の糖があっても甲状腺ホルモン無くしてエネルギーは作れません。

現代人は甲状腺ホルモンの分泌が少ない人が多いのだそうです。その原因は甲状腺機能が低下しているからということですが何故でしょうね?
もし甲状腺に問題が無くホルモン分泌もあるのにエネルギーが産生が低い場合、材料の「糖」が足りていないのか、「糖」はあってもミトコンドリアで「糖」を材料として使えなくなっているかのどちらかです。前回までにブログに書いた「ランドルサイクル」ですね。

上のような事が起こると、デフォルトの糖代謝から、緊急時の脂肪やタンパク質の代謝に変わってしまいます。脂肪酸は中性脂肪から、アミノ酸は組織のタンパク質を分解してエネルギー源として使うことになります。衝撃的なのは甲状腺そのもののタンパク質を分解し、エネルギー源として使われやすくなるという事です。そりゃ甲状腺の機能も落ちますわ。

 

こうなってしまう原因は・・・

  1. 糖質制限などの偏った食事による糖の摂取不足(脂肪代謝に変わる)
  2. 炒め物、揚げ物のように植物油脂を多く使う食事(糖代謝をブロック)
  3. オメガ3などのサプリメントの摂取(糖代謝をブロック)
  4. サラダや食べ物に植物油をかけて食べる(糖代謝をブロック)

多くの健康に気を使う人がやってませんか?
普段の食習慣がこの様になっている人は、メタトロンで測定してもスグに分かります。

甲状腺機能を落とさないために必要なのは?

  • 常温ですぐに酸化する料理油や亜麻仁油などの不飽和脂肪酸の摂取を減らす。
    (ランドル効果で糖代謝がブロックされないようにする)
  • 良質の「糖」をむやみに切らない。果物・蜂蜜・黒糖など摂る。
    (効率のいいエネルギー源の確保)
  • 慢性的な空腹状態や心身のストレスにさらされない。
    (ストレスホルモンの影響で脂肪やタンパク質が材料にされる)

亜麻仁油・えごま油やDHA/EPAなどのオメガ3脂肪酸は、今の世の中では推奨されていますね。でもこれらは一番酸化しやすい油の代表です。昔の人々は現代人ほど植物油は摂取していません。もしオメガ6の油が過剰だからオメガ3を補うという理由ならば、過剰なオメガ6だけ減らせばいいわけで、わざわざオメガ3を摂る必要なんて無いのです。

また糖質の問題ですが、多くの自然療法家や医師にも反対意見の人が多いのは知っています。私の尊敬する医師やリスペクトしている医師でも「甘いものは悪」と言っています。ですが糖に関する問題だけは、糖を推奨する医師や自然療法家の先生の論を私は支持しています。まぁこの辺は何を信じるか次第です。ちなみに私は1年前まで甘いもの完全否定派でした。

ちょっと話がそれましたが、私自身、去年の初夏の頃からオメガ3をやめ、良質な糖を摂るように心がけています。それでも過去の糖質制限と植物油の摂取による弊害がメタトロンで測定すると出ちゃうんですね。(汗)特に新しいメタトロンTUEETでは分かりやすい。(汗だく)

この弊害が無くなるのには3年くらいかかります。
長い年月をかけて変わってしまった体は、そう短期間では元に戻らないのです。
地道に積み上げていくほかありませんね。

ではまた!

愛知県江南市の完全プライベート鍼灸サロン
【治療室のぞみ】

江南市大間町のマンション一室で
“こっそり”
鍼灸サロンをやっています。

体質改善/生活習慣病対策・不妊/妊活・メタトロン測定・カウンセリング

◆営業日  応相談(時間が合えばいつでも)
◆営業時間 8:00~20:00
◆定休日  不定休
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 0587-50-4990
※ 施術中は電話に出られません。
※ お手数ですが留守番電話に一言お願い致します。
※ 折り返しご連絡いたします。
◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

 

 

 

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・蒲郡市・知多市・大口町・東海市
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市