爽やかで気持ちがいい季節。でもジョギングはしない方がいいよ

愛知県にあるプライベート鍼灸サロン
治療室のぞみ
上田です。

何とも爽やかな季節がやってまいりました。
寒くも暑くもない季節ってのは持ちいいものです。

最近、ジョギングする人をよく見かけます。
皆んな健康のためにやっているのでしょうか?
新型コロナで外出自粛による運動不足解消として走っているのかもしれませんね。
中にはアスリートのトレーニングとして走っている人もいますが、そういう人はそんなに多くなさそうです。

もしあなたが健康にいいからと言う理由で、好きでもないジョギングを我慢して走っているのならやめた方がいいです。

有酸素運動は体に悪い!

この有酸素運動と言うのは50年ほど前に、アメリカのケニス・クーパーという運動生理学者が提唱したもので、当初は宇宙飛行士の心肺機能の強化を目的として開発されたそうです。

日本では1981年にクーパーが来日してエアロビクスを紹介。ここから日本でのフィットネスブームが引き起こったそうな。

歴史はいいとして、なぜ体によくないかということを説明しましょう。
これ一般には知られていないようですが、専門家には知られた事実。

体に良くない理由1
体の酸化傾向になる。
大量の酸素を取り入れますから、活性酸素によって酸化傾向が強くなってしまうんです。こう書くと「酸化は悪」「絶対に酸化させない方がいい」と思ってしまいやすいのですが違います。
多くの健康を意識する人たちは、抗酸化を気にして抗酸化作用のある物を求めて実践しているわけですよね?
でも酸化は代謝に必要な反応です。
酸化反応を止めてしまったら細胞の新陳代謝は起こりません。
酸化が問題なのは過剰な酸化であって、酸化そのものではないのです。
酸化の反対は還元ですが、酸化が悪いわけでもないし、還元が良いわけでもない。”中庸”付近にあることが大事なんです。

体に良くない理由2
ストレスホルモンが分泌されてしまう。
野生動物でもそうですが、自然界では狩や逃走で走ることはあっても、何十分も何時間も走り続けることはあまりないことです。

動物は長時間走り続けるようにはできていない。
長時間走り続けることは、とても不自然なことなのです。長い時間走り続けると、体のシステムが「今危機的状況に置かれている」という判断を下します。体はこれに対応するための臨戦態勢モードに切り替えます。危機的状況に対処するには多くのエネルギーが必要です。その為、ストレス反応としてアドレナリンやコルチゾールが分泌されます。このホルモンによって体は肉体を構成する脂肪やタンパク質を分解し、エネルギーの材料に変えていきます。

「だったら痩せられていいではないか?」

と言われればそうなんですが、こういった痩せ方すると弊害も多いということを理解する必要があります。

ここでは詳しく書きませんが、脂肪やタンパク質を分解してエネルギーに変えると、体にとって有害な副産物が生成されてしまいます。これが体を病的な状態に変えてゆくのです。病的な状態にまでならなくても、美容の大敵である劣化の原因になる可能性は高いのです。

美を気にするあなた!
下手なダイエットすると美容を損ねてしまいますよ。これってヤバくないですか?

体に良くない理由3
関節に負担がかかります。
ウォーキングなら問題ないのですが、走るとなると必ず一瞬は両足が地面から離れます。
すると必ず着地があるわけで、この着地で体にかかる衝撃は、体重の3倍と言われています。
この衝撃が何回も何回も、長時間続けば続くほど、関節はダメージを受けることになります。

時々60歳以上の方が走っていることがありますが、わたしなら勧めないですね。
老化を早める可能性があるのと、関節を悪くする可能性が高いから。それでもジョギングが趣味というのであれば大いに結構。そのかわり、もっと歳を取った時に関節症で歩けなくなる可能性がある事だけは承知しておいた方がいいでしょう。

アスリートの場合。
走る目的が違いうからいいでしょう。
試合に勝つとか、競技の成績を高めるとか、自分に打ち勝つためのトレーニングをしているわけですから。けっして健康を目的としてその競技を始めた訳ではないでしょうから。
だからその代償として健康を犠牲にするのは仕方ないところだと思います。高校など全国レベルのアスリートのほとんどは、例外なく満身創痍ですから。私もでしたが。

 

なんだかんだ書きましたが、走るのが楽しくてしょうがないとか、ストレス発散できるとか、趣味だからというのであれば、走ればいいと思います。問題なのは、本当は走るのが嫌いなのに「健康に良いから」という理由で無理してやっている場合です。この様な人は、やればやるほど思惑とは逆の結果を生む可能性がある事を知る必要があるでしょう。

もし健康のためにスポーツをやるのであれば、同好会レベルというか娯楽程度に軽く汗を流す程度の、有酸素運動にならないものが良いでしょう。
ウォーキングとか良いんじゃないですか?
ヨガなんかもいいですね!

ヨガは私自身も始めてますし特におススメ!
50の手習いで始めたので、できないポーズが多いですが。(汗)
しかも、どうせやるなら趣味ではなくインストラクター目指そうと、ヨガの資格RYT200取得の学校に入っちゃいました。(無謀?)
中学時代、器械体操部だったとはいえ、50過ぎの体にとって思った以上にきつかった。

最後に、健康的にスポーツを楽しんでください。
アスリートの人は気合入れて頑張りましょう!
そして早めに結果を出して、若い内に引退して趣味レベルに戻しましょう。
その方が一生健康でいられると思います。

ではまた!

完全プライベート鍼灸サロン 治療室のぞみ

江南市大間町のマンション一室で “こっそり” 鍼灸サロンをやっています。

量子測定器メタトロン
体質改善/生活習慣病対策
不妊/妊活
カウンセリング

◆営業日  応相談(時間が合えばいつでも)
◆営業時間 8:00~20:00
◆定休日  不定休
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話 ※ 0587-50-4990
※ ご予約・お問合せはメールかLINEでお願い致します。
◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

 

江南市の他に近隣地域からもお越しいただいております。
《愛知県》江南市・一宮市・稲沢市・名古屋市・蒲郡市・知多市・大口町・東海市
《岐阜県》各務原市・岐阜市・大垣市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です