高血糖と油の関係

愛知県江南市のプライベート鍼灸サロン
治療室のぞみ代表の上田です。

だいぶ間が空きましたが動画の第3弾ができましたのでお知らせです。
今回も前回までの高血糖の話しに関連していますが、第3弾は油の問題について話しました。

高血糖は一般的に糖質過多で起こると思われていますが、もっと根本的なところにフォーカスしてみると、それとは違うことが分かります。それは高血糖にしている張本人が実は糖ではなく油であるということです。

前も書いたと思いますが、血糖値が高い状態というのは結果であって原因ではないんですね。
何か問題を解決しようとするとき、結果ではなく原因を突き詰めて改善しますよね?
結果に対して何かするというのは「臭い物に蓋をする」と同じ事です。
なんの解決策にもなりません。
表面的には解決しても、蓋をし続けなければ臭いにおいが出てくる。

血糖値も同じで、それが原因ではなく結果であるなら、そこにアプローチしても根本的な問題解決にはならない。糖質だけを悪者にしカットするのも結果に対するアプローチ。それよりも、むやみやたらに糖質をカットしなくても、慢性的な高血糖にならない体を作ることが、本当の意味での問題解決だと思いませんか?

また本当の原因は特定するのが難しいことが多いのですが、もし普段摂っている油が高血糖の原因になっている可能性が少しでもあるのなら、そこにアプローチしない手はないでしょう。

現代の日本は昔に比べ油を大量に消費しています。
油の消費量に比例して病気も増えています。
それは単なる偶然ではないはず。
もちろん油だけが病気の原因ではないかもしれませんが、その比率は少なくないと思います。

 

植物性油が悪いとする理由

油の種類によっては温度や空気で簡単に酸化変質します。
特に多価不飽和脂肪酸と言われる植物油は常温でも簡単に酸化変性します。
酸化変性した油は過酸化脂質といわれる毒性物質に変化します。
その様な油を健康に良いからと勧める風潮がありますが、酸化変性して毒性物質になる油がどうして健康に良いと言えるのでしょうか?

オメガ3脂肪酸は抗炎症効果があるといわれます。
そしてオメガ6脂肪酸は炎症を促進させるといわれています。
だからオメガ3を推奨しているのでしょう。
しかし、オメガ3が炎症を抑制するといっても、代謝される過程で過酸化脂質となって毒性物質に変化するなら、その物質はいずれ炎症物質になりますよ!
炎症抑制のために摂ったのに、それが今度は炎症物質に変わるとは・・・・・・・・

アトピーが酷い人でオメガ3をせっせと摂っている人を見かけますが、それでアトピーの炎症は綺麗に治まったでしょうか?もちろんステロイドを使わずに。
たぶんアトピーの炎症は治まっていないと思います。

もしオメガ3油を1年、2年続けてアトピーの症状が治癒に向かっているのなら素晴らしいことです。オメガ3があなたの体に合っていたのでしょう。
何も言うことはありません。
でも、1年も2年も続けて何の変化も無いのだとすれば・・・
そのやり方は間違っている可能性が100%です。

 

酸化変性しやすい油のトップ3

  1. 魚油 (DHA/EPA)
  2. アマニ油、エゴマ油
  3. 大豆やコーンなど調理油

この3つを多価不飽和脂肪酸といいます。
特に1と2はオメガ3脂肪酸と言われる必須脂肪酸で健康に良い油として推奨されてますね。

 

逆に酸化変性しにくい油と言えば・・・

牛脂、バター、ココナッツオイル

これらは飽和脂肪酸といって過熱しても大丈夫な油です。
昔はこちらの動物性の脂の方が主流でした。
それがいつの日からか動物性の脂は体に悪い、植物性の油の方がヘルシーみたいに言われるようになりました。これには理由がありますが、この話しをするには世界の仕組みから説明する必要があるので省きますね。

元々日本人は油を使った調理はしない民族でした。
油を摂ったとしても肉や木の実に含まれるような、元々食べ物自体に含まれている油です。
抽出した油を大量に使うようになったのは近代になってからです。
しかも近年は一番酸化変性しやすい油が「健康に良い油」として推奨されている。
矛盾していると思いませんか?

長くなってきたのでブログはこれで終わります。
後は動画の方を見てくださいな。

ではまた!

 

完全プライベート鍼灸サロン 治療室のぞみ

江南市大間町のマンション一室で “こっそり” 鍼灸サロンをやっています。

量子測定器メタトロン
体質改善/生活習慣病対策
不妊/妊活
カウンセリング

◆営業日  応相談(時間が合えばいつでも)
◆営業時間 8:00~20:00
◆定休日  不定休
◆メール info@nozomi-hari.com
◆お電話  0587-50-4990
※ ほぼ電話に出られる可能性は低いです。ご予約・お問合せはメールかLINEでお願い致します。
◆お問合せ・ご相談はこちらをクリック↓

 

または治療室のぞみ公式アカウントをご利用ください。

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です