治療室のぞみ治療理念

まれる前から一生涯
しくやかな体で
いにしまない社会実現する

一生涯を通じて「元気で健やかに」を意識した治療室

治療室のぞみ理念

『産まれる前から一生涯、美しく健やかな体で、病に苦しむ事のない社会を実現する』

「産まれる前から」というのは、子供がお母さんのお腹の中にいる時からという意味です。
先ずはお母さん自身が健康に意識を向け元気に健やかになる必要があります。お母さんが元気でいる事で、お腹の中の赤ちゃんも元気に育ちます。お母さん自身の健康意識が高ければ、家族が病気になる事も減ります。このようにして育った子供は、大人になっても同じように健康に対して意識の高い大人になるでしょう。
もし家族全員が一生涯にわたり「病気知らず」「老い知らず」で健康的に生きることができれば、現在当たり前のようになっている老後の介護は減っていく事はずです。

昔に比べて病気がどんどん増え続ける現代社会。
それが減り続ける社会になれば、こんな素晴らしい事はありません。

この様な考えをベースにして「体質を変え人間の持つ本来の健康体へ導くセラピー」に取り組んでいるのが当治療室です。

 

なぜ体質を改善するセラピーにこだわるのか?

それは私自身が数年前から在宅ケアに携わり、現在も毎日のように病気や障碍で苦しんでいる人たちのケアをし続けているからです。

身内に介護が必要な障碍者やお年寄りがいない家では分からないと思いますが、世の中には病気や障碍で不自由な暮らしを余儀なくされている方々がたくさんいらっしゃいます。
私はその様な在宅ケアの現場に毎日出向いているわけですから、その病気や障碍の理由を考えないわけにはいきません。
たまたま私の周りには介護が必要な身内はおらず、元気に喫茶店に行ったりグランドゴルフをしたりしています。
歳を取っても元気な人達と自宅や施設で介護を受けている人達の違いは何なのでしょう?
もちろん不慮の事故の方もいらっしゃいますが、

人生の後半でなぜ健康状態に違いが出てしまうのか?

病気で体が不自由になった人の過去に何があったのか?

元気なお年寄りと生い立ちは何が違っていたのか?

こう考えない訳にはいきません。

必ずいえることは、「結果には原因がある」ということ。

その原因とはいったい何なのか?

それは、「遠い過去からの習慣にあるのではないか?」

そう思うようになったのです。

 

一概には言えませんが、中高年になってからの病気や障碍というのは、慢性的な症状が長年続いてなっていることが多いと感じます。もちろん急性症状や不慮の事故で病気や障碍になってしまう方もいらっしゃいますが、その原因ははるか数十年前から積み重ねられてきた可能性が高いのです。

誰も将来、病気や障碍を負おうと思って生きている人なんていません。
多くの人は健康で過ごすために、せっせと「カラダにイイこと」をしていると思います。

しかしその「カラダにイイこと」が本当は違っていたとしたら・・・・・
それを何年も何年も続けていたとしたら・・・・

本人は自分の行う健康法を信じていますから疑いなんて持ちません。
もし間違っていたとしても信じた健康法を変えることはないでしょう。

良かれと思ってやっていることが、逆に体に悪影響を及ぼすような事だったらどうなるでしょうか?
よほど体に悪いことでなければ1〜2年は不調として現れません。
この様な場合10年、20年、30年かけてジワジワと表れてくるのです。
気付いた時には時すでに遅しといった感じです。

現在、慢性的な病気を患っている中高年の方には、この様にして体を悪くした人が多くいると思います。もしそれを防ごうとするならば、もっと若い時から自分の健康に関心を持ち、正しい知識を身に着けるしかありません。

そのためには、小さな子供の内から正しい食習慣で育っている必要があります。
その小さな子供達の健康をあずかるのはそのお母さん達です。
そのお母さん方が正しく情報を理解して、しっかりとした健康意識を持つ事がだいじです。

だから、先ずはお母さんに健康で元気になってもらいたいと思うのです。
その為には正しい知識が必要です。
正しい知識を持たないで得る健康情報は、それが間違っていても気づくことができません。そして一度始めた健康法をなかなか変えることもできません。するとそのしわ寄せは必ず子供に行ってしまいます。良かれと思ってやっていることが、逆に子供をどんどん不健康な方向へ向かわせてしまいます。
このような例は意外と多いのです。

だからテレビや企業広告に左右されない正しい知識を持っていただきたいと思います。

私が肩こり腰痛などの治療院ではなく、体質改善や妊活セラピーを始めたのはこの様な理由があるからです。

これから子作りに励むお母さんには、是非とも妊活の段階で正しい知識と正しい食習慣を持って元気になってほしいのです。そうする事で赤ちゃんも元気に生まれ健康に育っていくのです。また美しさは健康であるから得られるもの。
子供を産んでも綺麗な女性でいつづけるためにも、ぜひとも健康で元気な女性になって下さい!

だから治療室の理念が、

『産まれる前から一生涯、美しく健やかな体で、病に苦しむ事のない社会を実現する』

なのです。

この様な考えに賛同してくださる皆様方のために、私は一生勉強し続け、そこで得た知識と手法を余すことなくシェアしていきたいと思っています。

今は1週間の内のほとんどの時間を、病気や障碍で不自由になったお爺ちゃんお婆ちゃんや障碍のある方の元に訪問して、体のケアをおこなっています。そのためサロン予約の電話応対が遅れ、皆様には大変ご不便をおかけしております。
この辺りご理解のほどよろしくお願いいたします。

最後にこの在宅ケアの仕事が、将来どんどん少なくなる世の中になれば、こんなに嬉しいことはありません。

長文お読みいただき、ありがとうございました。

治療室のぞみ
院長 上田賢一郎

お問い合わせはコチラから0587-50-4990電話に出られない事が多いため、下記のメールフォームかLINEからご連絡ください。
営業時間:火・木・土14:00-20:00
日・祝日は応相談

メールでのご予約・お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。