木曜日と土曜日のメタトロン測定は午後6時まで受け付け出来ます。

健康法・食事法、何がいいのか分からない!

健康オタクと言われる人たちがおられますが、健康オタクほど不健康という噂がありますね。
私的には確かに当たっているなと感じます。
なぜって?

それは世の中の食事法が多種多様で、健康的と思って続けているのに、全然健康でない人がたくさんいるから。よっぽど詐欺商法的な食事法でなければ、どれもそれなりには効果はあると思いますが。

でもね、どんな食事法でも万人に合うわけではないのは確か。
人それぞれ合う合わないがあるんです。

今回はその辺のことを書いてみます。

健康法・食事法、何がいいのか分からない!

健康に対する概念って専門家同士であっても微妙に違う。

一つの健康概念を取ってみても「白だ!」という先生もいれば、「黒だ!」という先生もいる。

糖質、脂質、牛乳なんかは特に賛成と反対で分かれますね。

それは、経験だったり、歴史的なことだったり、化学的なことだったり、実際のところは分かりませんが、面白いくらいに意見が分かれますね。

これでは体の不調を何とかしたいと思って情報を探している一般の人は困ってしまいますね。

食事法も合う合わないがある?

世の中には色々な健康の概念がありますね。
商業的なのや宗教的なのを除けば、どれも実際に効果があるから広まったんだと思う。

誰もが知る食事法といえば・・・

菜食や完全菜食(ベジタリアン・ビーガン)
マクロビオティック(玄米菜食)
糖質制限・低炭水化物食
ローフード(生食)
少食・断食

この辺りの名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

これらが良い悪いと言っているのではなく、どれにもメリットデメリットが存在しますよって話し。

ある人にはデメリットでも、ある人にはメリットだったり、その逆だったり。
だから万人にピッタリ合う食事法なんてのは存在しないと思ってます。
合う人もいれば合わない人もいる、合う時もあれば合わない時もある。
その人のその時の体の状況次第で変わります。

ある健康法を試したら「すごく効果があった」と思うのは、その人の体の状態がその食事法を試した時にドンピシャなタイミングだっただけ。
その人はそれが永遠に合う食事法なのか?
と言えばそうではない。

なぜか?

それは、体調が悪い時の体の状態と、調子が良くなった時の体の状態は違うから。

分かりにくいかな?

体の状況次第で食事法は変わる

加工品やジャンクフードなどを長年食べ続けて体調不良に陥りました。
このような人が菜食マクロビ少食ファスティングをすれば、確かに多くの人は調子が良くなるでしょう。

元々が栄養失調気味の人だったら、菜食糖質制限しても元気にはならないでしょ?ましてや少食断食なんてしたら栄養失調で死んでしまいかねません。

どの食事法が合うかなんて、その人のその時の状況次第で変わるのです。だから現代のように多くの食事法が生まれたんだと思います。

体の不調や病気に悩む人々は、自分の悩みが解決できる健康法や食事法がないかと探します。

幸運にも、試した食事法がドンピシャだった人は体の不調も無くなり、「この食事法は私に合っている。完璧だ!」と思うことでしょう。

逆に、試した食事法がその人の状態に合わなかった場合、何ヶ月経っても改善しないし、体調不良が良くなるどころか悪くなることだってあります。
でも、それが著名な先生や団体の推奨する食事法だったら、調子が変わらなくてもその先生や団体を信じて何年も続けてしまうでしょう。

ではその団体や先生が嘘を言っているのか?

そういうことは無いでしょう。
確かに怪しい宗教みたいな食事法もありますが。

不調が改善した食事法も永遠ではない

先ほど、試した食事法がドンピシャだった人の例を出しました。
その食事法によって不調が改善したのですから体に合っていたのでしょう。

では、その人はその食事法をそのまま続けていった方がいいのか?
答えはノー。
そうとは言えない。

不摂生な食習慣の人が菜食やマクロビをすると、調子が良くなる人が多いのは確かですが、でもそれを長期間やっていると、今度は逆に不調になったりします。

なぜ?

菜食やマクロビの効果は(私見)植物によるデトックス効果にあると思っています。
加工食品やジャンクフードで添加物や悪い油の害が溜まっている人は、このデトックス効果によって悪い物が排出され調子がよくなるのだと思っています。

でも、体内に元々添加物や油のゴミが少ない人が長期間続けると、必要な栄養素もデトックスされ、また植物毒の影響もあって、逆に不健康な方向へ向かってしまう可能性があると思うのです。

実際に、動物性栄養素の摂取量が少ないベジタリアンやマクロビアンは、栄養的に偏りがあるため長期に行うと逆に調子が悪くなるようです。そうならないためサプリメントで補う人も多いと聞きます。

ベジタリアン、ビーガン、マクロビアンの人々が程度の差こそあれ、お肌の状態が悪かったり神経質な傾向にあったりするのは(私見)、栄養素的に偏りがあるからだと思っています。

これらの事からも、症状や不調を改善した食事法であっても、体の調子が良くなった時点で一度立ち止まって見直してみる必要があると思います。

ー10ーーー優良ーーー+10

上は健康メーターと思ってください。
健康な状態を優良とます。
もし体に不調があるなら、今居る場所は−10+10の位置です。
何かの食事法によって−10+10の位置から中央の0である優良へと状態が移動すれば、その方法で効果があったと言えます。
もし−10の位置に居る人がその食事法で優良の位置に戻った時、それで一旦その方法を終わりにすればいいのですが、そのまま続けていけば今度は優良を通り越して逆側の+10へ行きすぎてしまいます。これではまた不調に陥ってしまいます。

多くの健康法はその人の状況に当てはまれば効果は出ますが、そのまま続けるとあまり効果を感じなくなります。これは明らかにその人の体の状態が不調の時と変わったからです。

見極め方は?

食事法なり健康法なりを始めて体が変化しはじめるのには100日程度かかります。

3〜4ヶ月くらいですね。

この時点で変化があったか無かったかです。

調子が良い方向に変化してきたのであれば、その食事法はあなたに合っていたと言う事になります。もし、何も変わらない、逆に調子が悪くなったと感じたならば、その食事法や健康法はあなたに合っていないと言う事になります。

多くの食事法は体の状態に合ったものであれば、それなりに体の調子は良くなるはずです。
だからと言って永遠と続けた方が良い食事法かといえばNOと言わざるを得ない。

極端な健康法や食事法であればあるほど、効果が感じられたとしても行き過ぎれば逆の効果を生む可能性を否定できない。

この辺のことは頭の片隅に置いておくといいでしょう。

食事法云々の前にメタトロン測定

食事法にはどれも合う合わないがあってメリットデメリットがある。
それを分かった上で今の自分に合ったものを選ぶことがだいじです。
人間はみな平均ではないのですから、合う合わないがあって当たり前。

人それぞれが違う生い立ちで、違う生き方をし、習慣も違えば置かれた体の状況も違う。その違いを客観的に知った上で、食習慣なり生活習慣を作っていくことがだいじだと思います。

むやみやたらと健康法や食事法を試しても、それが自分に合うか合わないかが分かるまでに3〜4ヶ月はかかる。もし合っていなかったら、その間に費やした時間やお金が無駄になる。その間にも体の状態は悪い方向へ傾き続けているかもしれない。

こんな非効率な事にならないために、メタトロンのようなバイオレゾナンス機器で自分の体の中を知ることはとても有効なのです。

最近はメタトロン測定する医院やサロンも増えてきましたので、皆様のお住みの地域でもすぐに見つけることができるでしょう。料金的には少し高いかもしれませんが、それくらいの価値はあると思います。

ただ、メタトロンは客観的に測定データを表示するだけで、機械そのものが何かの答えを出してくれるわけではありません。出されたデータの読み解きはオペレーター自身がおこないます。オペレーターがデータの何を見てどう解釈するかによって、説明してくれる内容が変わります。

多くのオペレーターは、導入したメタトロンの代理店や、時々開かられる著名な先生の勉強会で読み取り方を勉強します。
ちなみに私は2台のメタトロンを所有しています(代理店が違う)が、購入元が違うことでそれぞれが何を重点的に見て、どこに着眼点を置いて解釈するのか違いがあることを知っています。
メタトロンという同じ機種を使っているからといって、どこのクリニックやサロンでも全く同じ解釈をしているとは限らないのです。
その解釈が正解とか間違いとかではなく、オペレーターによって違いが出るほど、色々な読み取り方ができてしまうのがメタトロンなのです。

私は1台目の時は代理店の研修と内海先生のメタトロン講座で学んだことを元に読み取りをしていました。現在使用する2台目のメタトロンは、エネルギー量子医学会の勉強会と「基礎医学講座」を中心にした知識を元に読み取り説明しています。

私の所でメインで使っているメタトロンは、エネルギー量子医学会がプロデュースしたものですが、もしメタトロンに興味があるようでしたら、エネルギー量子医学会が認定しているクリニックやサロンの一覧がありますので、お近くにあるなら一度測定しに行ってみてはいかがでしょうか。

エネルギー量子医学会認定のメタトロン測定を受けてみたい方は下にリンクを貼っておきます。

TUEET認定ホルダー クリニック・サロンリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました