木曜日と土曜日のメタトロン測定は午後6時まで受け付け出来ます。

世の中は表裏一体~裏の構造を知る~

メタトロン測定と、からだのアドバイザーをしております、鍼灸マッサージ師の上田です。

先日、メタトロン測定を受けに来られたクライアント様と話をしていて、

「コロナ茶番も分からない人のアドバイスは聞けない」

みたいな事を話されていて、ちょっとビックリでした。
知っている人は知っているんだなと。

私の所に来るクライアント様のほとんどは、「当治療室はノーマスクです」というと喜んでノーマスクでご来室しますから、当然と言えば当然かもしれませんね。

私がコロナの茶番をどこまで知っているのかと聞かれれば、一般の人々よりは遥かに詳しく知っています。自然療法をやっていると、コロナどころか他の色々な事も知ってしまうんですね。調べてると行きついちゃうんですよ。

今回のコロナや世界同時パンデミックもそうですが、病気を煩うことなく健康に生きて行くには、世界の支配構造も知っておかないと真実は見えてこないんです。世界の支配構造を知らなければ、なぜ世界同時パンデミックなのか、わくチンなのか、地球温暖化なのか、ウクライナ問題なのかは絶対に分からない。これらは全て同じ目的のために行われている。なんて言ったら陰謀論者といわれてしまいますかね?

健康を追求していくと世界の裏の構造に行き着いてしまう

私と同じように食や健康を追い求めていたら、驚愕な世界構造に辿り着いてしまった、という人は少なからず居ると思う。

専門的に食や健康を調べていくと、食品業界の闇が見え、医療業界の闇が見てきちゃうんです。
更に深い所を探っていくと、陰にはもっと大きな世界構造が見えてくる。

この辺りまで知るようになると、今まで世界中でおこった事件や事故、現在進行形の新型コロナパンデミックやウクライナ紛争など、繋がっていることが見えてしまう。

こういった話は偶然の起こるものではなく、意図して行われているもの。
ちゃんと計画として行われているのです。

それを知るためには、歴史を知る必要性が出てくる。
ここで言う歴史とは、学校で習った歴史ではなく本当の歴史である。

こう書くと??の人もいるかもしれませんね。

そもそも、学校で習う歴史というのは、嘘とまでは言いませんが、肝心なことは書かれていない。特に第二次大戦後の歴史教育は「彼ら※」にとって都合の悪い事実を教科書に載せてはいけないことになっていて、仮に真実を書いても教科書の審査を通らないそうだ。

だから、私を含め現代人は本来日本人として知るべき本当の歴史を知らない。

※「彼ら」とは、世界を支配する側を指します。

そもそも一般大衆は健康になってはいけない世界?

健康にならないよう誘導されているとしか思えない。
思えないというより実際そうなっていると思います。

世界の支配構造を何となく知る人なら、皆さん共感していただけると思います。ただ、それらを全く知らない90%以上の人は意味不明かもしれませんね。

日本人には理解しずらい話しですが、この地球上には「優性学」という思想があります。このような思想を持ったグループが世界の支配構造の中にいるわけです。

優生学もしくは優性思想で調べれば、ネットでも出てくるので何となく分かると思います。

簡単に書けば、
「優秀と判断された人々を保護、劣等と判断された人々や集団は排除」

優秀とされる民族と劣等とされる民族。
この場合、優秀な民族とは一部支配者層を指し、劣等な民族とはそれ以外の全ての一般大衆を指します。

最近は「人口削減」なんて話もちょくちょく耳にするようになりましたが、そういうことなのです。これをいまだに「陰謀論」なんて言っている人は、今世の中で起こっている事など理解できるはずもないのです。

優性思想に関して理解していただくには、かなり長く書かなきゃいけないのでこれ以上は書きませんが、一般の人に知られることのない世界が現実にあるということを知っておくといいでしょう。

このような話しを「陰謀論」として嫌う人もいるので、今までこのブログでは書きませんでしたが、今後は「彼ら」に目を付けられない程度に書いてもいいかなと思ってます。
そうしないと、政府や食品業界や医療業界に正しくない方向に誘導されてしまうから。

今回はこれくらいにしておきます。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました