2月間近の空き状況2/9(木)満。現在、火木土曜日以外も可能な時間があります。ご相談を。

感染爆発からの食料不足!にならなきゃいいが

明けましておめでとうございます!

年明け早々、気になる情報が入ってきたのでシェアいたします。
SNSでもちょくちょく出ている情報なので、既に知っている方もいるかもしれません。

先月12月ごろから中国でまた感染爆発しているのはご存じですね?

私は、中国の事なのでフェイクニュースかと思ったのですが、どうやら実際におこっているらしいのです。その感染爆発は、新型コロナの変異株(BF7)なのか、新たな病原菌をばら撒いたのかはよく分かりませんが、それはどちらでもいいでしょう。

実際にこの感染爆発によって中国の著名人の方がバタバタと亡くなられているんだそうな。
また、火葬場がどこもいっぱいで、ご遺体が山のようになっているんだとか。
何を言いたいかというと、実際に死んでいるかはどちらでもよく、この事が元で中国人が日本に来て物資を爆買いする流れに繋がる可能性があるということです。

2019年の12月、新型コロナの始まりも中国でしたよね。
そして、今回も12月から中国で感染爆発が始まっている。

そう言えば、去年の暮れごろ中国の方々が日本の風邪薬を爆買いしているというニュースが出ていましたね。今、品薄なんだとか。

もうすぐ中国は春節に入ります。
春節とは旧正月の事で、日本の年末年始休暇みたいなものです。
当然、お金のある中国人は海外旅行に出て行くのでしょう。
ちなみに、旅行先の人気ナンバーワンは日本だそうですよ。

春節を機に中国の皆様がどっと日本に入国してきそうな感じがしますし、実際そうなるでしょう。

それに合わせてなのか、日本は現在入国時の水際対策強化とかやっています。
日本は検査体制を強化するだけで入国自体は禁止していない。
アメリカでは、中国の感染爆発を理由にビザを発給停止にしているそうですよ。
でも日本は水際対策強化だけ。一応、日本も監視していますよ!というパフォーマンスのためにやっているのかもしれませんね。

3年前と何か似ていませんかね?

感染が広まりだしたという報道もそうですが、3月から横浜港で外国クルーズ船の寄港が再開され、あのダイヤモンドプリンセス号が寄港したり・・・
あの時もダイヤモンドプリンセス号が始まりの切っ掛けになった気がします。

今回も船内で陽性者が出たら、上陸禁止、隔離とかやるんでしょうか?

今でも十分世界一感染者数の多い日本ですが、更に変異株キターとか言って、また色々な事を制限し始める気マンマン?

2019年から始まる新型コロナプランデミックを時系列に並べると・・・

2019年12月、武漢で新型コロナ騒ぎが始まる
2020年1月、日本で初の感染者が出る
2020年2月、ダイヤモンドプリンセス号入港し船内で感染者騒ぎ
2020年3月、小中学校が臨時休校になる

マスクの品切れが始まったのは春頃からではなかったでしょうか?
あの時は本当に手に入らなくなりましたもんね。
やっと売り出したと思ったら信じられないくらいの値段がついているし。

もし、この様な流れが今年も起こるのであれば、また春頃から物資が品薄になるのではないかと予想できます。

これ以外にも物資が品薄になる理由として中国人の爆買いも関係します。
この話はまた後で書きます。

日本は今年に入り価格高騰が相次いています。
食品関係で7000品目の値上げが実施されるそうです。
価格高騰も痛いのですが、多くの物資を海外に依存している日本は、今後商品そのものが手に入りずらくなる可能性がありますね。

既にウクライナ問題によって輸入物資が入りにくい状態にあるため、2020年の時以上に物が買えなくなる可能性は否定できないでしょう。

2020年はマスク、トイレットペーパー、キッチンペーパー、消毒液などの欠品でしたが、次は食料そのものが品薄になるかもしれない。
その方面に明るい情報元の人達はその様に指摘しています。

電気料金も4月から値上げが予定されますね。
どこの電力会社も概ね30%以上の値上げになるようです。
地域によっては40%強の値上げを提示している電力会社もあるようです。
そうなれば、今以上に値上げラッシュがおこり、ますます庶民の手には物が手に入らなくなる。

それから、小麦の問題もあります。
今や小麦を使う食品は切っても切れない物です。
小麦に関しては国が価格を決めているのを知っている人も多いはず。
現在小麦の輸入価格はウクライナ紛争前の倍近くに上がっているそうです。
その割にはまだパンラーメンうどんも、そこまで値段は高くなっていない気がする。

それは、政府が小麦価格が急激に変動しないようコントロールしているからなのでしょう。
でも、それはいつまでも出来ないでしょうから、次の価格改定では値段を引き上げてくるでしょう。

皆さん、パンスウィーツラーメンなど、小麦を使った食べ物が好きですよね?
今後、これら小麦を使った食品は高級食になるかもしれません。
もう庶民の食べ物ではなくなってしまうのかもしれませんね。

そこにもってきて中国の感染爆発。
事実かどうかは置いておいて、中国では火葬場が追いつかないくらい死者が出ていると報道されています。もし、その事が切っ掛けで中国内の物資が品薄になってきた場合、日本に来て物資を爆買いする可能性は十分考えられます。また、日本には多くの中国人の方が住んでみえますが、その方々が本国の家族に向けて爆買いした物資を送ることも当然考えられるわけです。

中国抜きで考えても、日本は今後食料を含めた物資が品薄になる事が予想されているのに、輪をかけたように中国人の爆買いが起これば・・・

長くなってきたので結論。

今後さらに物価が上がるのもそうですが、2月ごろから春にかけて食品そのものが手に入りにくくなる可能性があります。3年前に起こった欠品騒ぎが今度は更に規模を増して起こる可能性があります。
そうならないに越したことはないのですが、そうなった時のために今の内から準備しておいた方がいいかもしれないと言うことです。

去年の春頃は2022年の年末頃に食料が手に入りずらくなる、と言われていました。
それに合わせて私も米など保存の利く食料を備蓄しましたが、12月になってもそれは起こらなかったので安心していました。でもやっぱり食糧危機は起こりそうな感じなのです。

パンデミック→戦争→物価上昇→食糧危機

昔からこういう流れがあるんです。
このブログを読む皆さまはご存じでしょうけど、2020年から起きている一連の事象は、自然発生的に起きたものではありません。新型コロナ騒ぎが起こる前からシュミレーションされていたというのは有名な話し。

NWOに向けた計画です。

まぁ、実際に食料危機が来るか来ないか分かりませんが、春頃からの食糧不足への対応をしておいた方がいいでしょう。

一番いいのは自分で畑を耕すこと。

でも、都会の人は無理ですよね。
プランターで収穫できる量では足りない。

とりあえず、保存が利く物で揃えるしかないでしょう。

ちなみに、冷凍食品はダメです!

冷凍食品は製造するのも保管するのも莫大な電力を消費します。
今後、電気料金が高くなっていくことを考えると、冷凍食品そのものも製造コストが上がって更に値上がりするでしょうし、もし買えても備蓄するだけで無駄に電気を使うことになる。
家計の負担は免れないでしょう。

これらの予想が外れるにこしたことはないのですが、もし本当にそうなってしまったら・・・
という事まで考えて、出来る範囲で備蓄しておくのがいいでしょう!

とりあえず、米、砂糖、塩。

これだけあれば当分の間は生き延びれます。

ありがとうございました。

江南市のメタトロン測定サロン
からだアドバイザー
治療室のぞみ

体質改善/持病改善/不定愁訴の原因/基礎代謝向上

◆ 営業時間 火木土 午後13:00~19:30最終受付18:00
◆ 定休日  基本的に日祝
◆ メール  info@nozomi-hari.com
◆ LINE   https://lin.ee/OKESPUM

※ 電話受付はしておりませんのでメールかLINEでお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約

コメント

タイトルとURLをコピーしました