書籍「新・免疫革命」を再度レビュー

愛知県江南市にあるメタトロン測定サロン
「自然派・治療室のぞみ」です。

今日はブックレビューです。

その前に・・・
皆さんはすぐに片付けたり整理整頓したり掃除はする方ですか?

恥ずかしながら私は散らかるまで放ったらかしにすることが多いです。ある程度酷くなってきて、たまらず一気に片付け開始するといった感じです。本当は散らかる前に、小まめに掃除する方がいいに決まってるんですけどね。

実はこれ、体も同じことが言えるのです。
身の回りの環境だけでなく、自分自身の体の中も小まめに掃除することが大切なんです。これは掃除するというよりも、体が勝手にやってくれてるんですけどね。

その体の中のゴミ掃除をしてくれているのが免疫システムです。

今回のブックレビューは新たな視点で書かれた免疫についての本です。

新・免疫革命
著:崎谷博征

2018年7月初版

毎度お馴染み、崎谷先生の書籍です。

皆さん、免疫というと何を思い浮かべるでしょう?

・風邪などの原因になる菌やウィルスと戦う力
・病気や怪我の治りを早めるもの
・感染した時に活躍するもの

こんな感じでしょうか?

自然免疫や獲得免疫の話しもそうですし、マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞、抗体云々という話しもあります。

深く知ろうとすると、ちょっと難しかったりもします。

免疫というのはウイルスや細菌をやっつけるのもそうですが、体内の不要となったゴミを片付けるゴミ掃除的なこともやっています。

そのゴミを片付けているのが免疫細胞。
ウイルスや細菌だけじゃないのです。
代謝の過程で出る老廃物も全てゴミ。
免疫反応の対象になります。

「体内にあっては困る異物を掃除片付けしてくれるシステム」

この様にシンプルに考えると分かりやすです。

体が元気な時は免疫システムも正常に働いています。
体が元気なことを代謝が良いとか言ったりしますね。

代謝が低い人は免疫システムも弱いかもしれません。
ゴミが多いのに免疫も弱いときたら、きっと体内のゴミ掃除は追いつかなくなるでしょう。

このゴミが溜まって掃除ができないほどエネルギーが無いとき、人は病気になるのではないでしょうか?

部屋の掃除を怠っていると、いつかゴミ屋敷と化しますよね?

もし免疫システムの処理能力より、出てくるゴミの方が上回っていたとしたら・・・・

体内のゴミ屋敷化・・・

ここまでくると、部屋も体も自力でゴミの無い状態に戻すことはほぼ不可能です。免疫細胞が処理できないくらいゴミが溜まった時、慢性的な病気が現れるのではないでしょうか?

めちゃ簡単に書きましたが、書籍にはこのようなことが書いてある訳です。

書籍に書いてある内容は一般の人には少し難しいかもしれませんね。エビデンスを元に理論立てて書かれているので専門家には説得力があるのですが、一般の人にはとっつきにくいかも。

形態形成維持システム

免疫とはこの形態形成維持システムの一部。
この形態形成維持の中心になるのが食作用です。

これは、ロシアの動物学者メチニコフというノーベル賞学者が提唱したものです。

細胞内は日々新陳代謝されています。
ダメージを負ったタンパク質やミトコンドリアなど、ゴミと判断されると速やかに分解され再利用されます。この細胞内でリサイクルされるシステムを「オートファジー」と言うそうです。
もちろん、細胞に入ってきたウイルスやバクテリアもオートファジーによって処理されます。

免疫とは形態形成維持の一部で、体内にあっては困るゴミを掃除するものです。

アレルギー疾患や自己免疫疾患のような炎症性疾患に対して行われる治療は、いかに炎症を抑えるかというい抗炎症の治療です。

使われるのは、ステロイドや免疫抑制剤。

近年、健康的な油として出回っているオメガ3も抗炎症作用のある抑制に働く油ですね。

これら炎症を抑制する薬物や物質は、免疫システムがおこなうゴミ掃除を止めさせるものなのです。

辛い症状があれば消炎鎮痛剤で抑制すれば確かに苦痛は減り快適にはなるでしょう。しかし、症状を抑えているだけなので、病気を根治することには繋がりません。

今一般的に行われている治療や健康法の大半は病気を根治させるものではなく、不快な症状に蓋をして嫌な反応が起こらないようにしているだけなのです。

慢性疾患をお持ちで病院にかかっている人に
根治させたいなら症状は出さなきゃいけませんよ」
と言われたらどうします?

症状を出し切れば治癒に向かうと分かっていても、辛くて不快な症状を向き合うことには抵抗があるでしょう。

別にどっちの選択肢を取ってもいいと思いますよ、個々の判断ですから。

でも、もし根治させたいと思うのなら、免疫を抑制させる治療は選択しない方がいいでしょう。

でも辛い症状に耐えるのも大変ですから悩みますね。

ゴミ掃除にもエネルギーが必要

体内をクリーンに保つには免疫細胞が正常に活動してくれる必要があります。

体内のゴミ掃除屋さん(免疫細胞)に働いてもらうには、ゴミ掃除屋さんが空腹では動けません。エネルギー源である栄養をしっかり摂り、元気に働いてもらう必要があります。

人間も細胞も活動するためにはエネルギーが必要不可欠なのです。

エネルギーが枯渇しないよう、細胞でがエネルギーを作り続けていることが大事です。

だけど現代人はエネルギー産生能力が低い人が多い。

その原因は免疫を抑制させるような健康法が多いからです。

還元作用とか抗酸化物質とか、抑制させることばかりをやっていませんか?

オメガ3、生の葉野菜、水素水、ケイ素、抗酸化作用物質の摂取など・・・

今世の中で「体に良いよ」と言われているものは、抗酸化作用のあるものばかりではありませんか?
逆に酸化させるものは皆無だと思います。

抗酸化とはゴミ掃除を止める作用でもあります。

もちろん、過度の酸化はよくありませんが、過度に抗酸化するのもよくありません。

本来は酸化還元の中間にあることが大事で、過度の酸化や過度の還元のようにどちらか一方に偏っていてはだめなのです。現代の健康法は何でもかんでも抗酸化なので、過剰に抗酸化させ過ぎてしまうのです。

書籍はちょっと難しいですが、このようなニュアンスの事が書かれています。

詳しく知りたい場合は、崎谷医師の書籍、ブログ、FB記事などをお読みになると、たくさんの記事がでています。これよりも新しい著書も出ており、そちらの方から読み始めてもいいかも知れません。

今回はbookレビューでした。

愛知県江南市のメタトロン測定サロン
 自然派・治療室のぞみ
~ 看板の無い隠れ家的サロン ~

メタトロン測定・はりきゅう・マッサージ
体質改善 / 不妊妊活 / エイジングケア

◆ 営業時間
PM 13:00~
◆ 定休日
日祝日

◆ 所在地

愛知県江南市飛高町泉130番地102号

 

◆ お問合せ・ご予約

~メール~

info@nozomi-hari.com

 

~LINE~

コメント