エネルギーが不足するとどうなるの?

愛知県江南市にあるメタトロン測定サロン
「自然派・治療室のぞみ」です。

今回もエネルギーの話し3回目です。

健康を保つ上でエネルギーの確保が一番重要。
だけど、なぜかピンと来ないエネルギーの話し。
しばらくは、この辺の話しをしていきます。

エネルギーは三大栄養素のどれからも作ることができます。
でも、一番効率が良くエネルギーを生み出す栄養素は「糖」という話を毎回しています。

糖は消化吸収に負担が少ないエネルギー材料だからです。
脂質やタンパク質もエネルギー源として利用できますが、非効率かつ体に悪く作用する代謝産物を出してしまう。

非効率なエネルギー源からエネルギーを作るより、効率のいいエネルギー源から作る方が合理的に決まっています。しかし、世の中では糖は悪いというレッテルが貼られている。
何とかこの誤解を無くす事ができればいいと思うのです。

エネルギーが不足すると体はどうなる?

簡単に言ってしまえば下に書いた通りになる。

目覚めが悪く起きてもスッキリしない
ちょっとの事ですぐに疲れる
眠りが浅い
疲れやすく回復力も弱い
病気しがちでなかなか治らない
ストレス耐性が弱い
老けてみられる
平熱が35度台
生理不順
ネガティブ思考

逆にエネルギーに満ち溢れた人は・・・

いつも目覚めスッキリ
簡単には疲れない
深く眠ることができる
疲労からの回復力が早い
病気からの回復も早い
ストレス耐性が高い
若くみられる
ポジティブ思考

エネルギーって漠然としすぎてピンと来ないかもしれませんが、体がエネルギーを作りやすい環境に有るか無いかで大きく健康状態は変わってしまうのです。

もし最初の項目に思い当たるふしがあれば、エネルギー生産がうまく回っていないということになります。

きっと、このような状態の人は、甲状腺機能も低下していると言えます。

甲状腺の機能が低いということは、エネルギー代謝も低くなります。糖からエネルギーを作るには甲状腺ホルモンが必要だからです。

それほど糖が良いのであれば、エネルギー不足の人は糖をたくさん摂ればいいのか?

というとそうでもない。

ことはそう単純ではないのです。

糖質が悪く言われる理由は高血糖になるからですよね?

だから糖質をカット。
その極端なやつが糖質制限

エネルギー源に糖が無ければ代わりに脂肪が使われます。

中性脂肪が気になるから糖よりも脂肪をエネルギー源にしたい!

そう思っている人は多いでしょうね。

でも脂肪はエネルギーの産生効率が悪い上に有害な代謝産物を出す。いわゆる体にとってゴミになるものが出やすい。

脂質にはそのようなデメリットもあるわけです。

だから、みんな糖を食べるんだ!

と言いたいところですが、現代人の多くは糖代謝に問題を抱えている。

糖質を摂ると血糖値が・・・。

高血糖になることを考えると糖質は減らしたい。

でもね、多くの人は勘違いしている。

高血糖の本当の原因は糖ではないんです。

糖が悪いから高血糖になっているのではなく、エネルギーを作る細胞が糖を利用できない状態だから血糖値が下がらないのです。

じゃぁ、どうすりゃいいんだ?

糖は必要だけど糖を摂ると高血糖。

高血糖にならないように糖を制限するとエネルギー生産が上がらない。

だったら、糖を代謝する機能が低下した細胞を、糖でエネルギー産生できるようにすればいい。

その辺の話しを次のブログでアップしていきます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

愛知県江南市のメタトロン測定サロン
 自然派・治療室のぞみ
~ 看板の無い隠れ家的サロン ~

メタトロン測定・はりきゅう・マッサージ
体質改善 / 不妊妊活 / エイジングケア

◆ 営業時間
PM 13:00~
◆ 定休日
日祝日

◆ 所在地

愛知県江南市飛高町泉130番地102号

 

◆ お問合せ・ご予約

~メール~

info@nozomi-hari.com

 

~LINE~

コメント